読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ED:勃起障害」の治療方法をご説明します

ED:勃起障害」の治療方法をご説明します。
ED:勃起障害の治療      勃起障害は古来より男性の大きな悩みの原因でした。そのようなことから、多くの治療法が開発され実用化されてきました。最近では、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの優れた医薬が開発され勃起障害に悩む多くの男性が利用しています。

 勃起障害の治療法には「薬物療法」「カウンセリング療法」「勃起補助具」「注射療法」および「手術療法」があります。それぞれに特徴がありますが、最近の医薬の進歩が著しいことから、現在では使用されなくなった方法もあります。

薬物療法      1998年、欧米で勃起障害治療薬として画期的な医薬「バイアグラ」が発売されました。日本では1年後の1999年から発売されています。この医薬は勃起障害に悩む多くの男性にとって福音ともいえる価値がありますが、使い方を間違うといろいろな問題も引き起こすことが知られています。

 EDは治療不可能な病気ではなく、多くの場合に医薬で改善できる病気ですから、人知れずただ不安を抱えていないで、適切な薬物療法を用いる方法があるのです。

 現在、処方されるED治療薬には、「バイアグラ」「レビトラ」および「シアリス」などがありますが、一般市販薬はありません。必ず医師の指導の下で使用することになります。黒蟻王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

 性的興奮が得られると陰茎の海綿体平滑筋が弛緩し、血液が一気に流入して勃起が起こりますが、これはペニスにとって大きな負担となります。身体は陰茎の負担を軽減しようとして5型ホスホジエステラーゼ(PDEtype5)という物質を作用させて勃起を鎮めようと働き、これにより勃起不全が起こるのです。

 PDE-5はほとんどがペニスのみに存在する物質です。バイアグラやレビトラなどの勃起治療薬は、このPDE-5の発生を抑制する作用を持っていて、勃起が起こるようにしています。これらの医薬はPDE-5のみに作用するので、安全性も高く口から服用できるので手軽でもあります。

 これらの処方薬は、有効ですが、もともと陰茎に血液を集中させる作用のある医薬であり、血圧の上昇など身体への無理な負荷がかかる可能性はあります。一般的な副作用として、気分が悪くなったり、頭痛や消化不良などが起こる人もいます。

 特に、心臓・血圧・その他の循環器系の疾患を持っている男性や、重度の肝障害のある男性、網膜色素変性症の男性が使用することは極めて危険であり、禁忌です。心臓に疾患がある男人が無理に使用すれば、血圧低下のために死亡することがしばしば起こります。

カウンセリング療法      勃起障害の原因が心的問題である場合には、カウンセリングを受けることで改善される場合があります。第三者に悩みを聞いてもらい、適切なアドバイスを受けることで性生活の環境を整えることができるからです。

 カウンセリングには次のような三つのケースがあります。

勃起障害のカウンセリング
性行為の時間の調整      仕事の関係などで、自分自身とパートナーとのスケジュールが合わない、性行為の時間がとれない、昼間の性行為や場所へのこだわりなどを指導されます。威哥王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

性行為の考え方の調整      性行為はこうあるべきだというような固定観念を払拭するカウンセリングです。女性が自分から誘うのは恥ずかしいとか、女性の生理中の性行為の考え方などの指導を受けます。

性行為の環境調整      実生活の場面で、子供がいることなどが性生活の障害であるとき、夫婦二人でホテルにでかけるなど、どのように工夫して性行為の場ができるかなどの環境調整の指導をうけます。


勃起補助具療法      陰圧式勃起補助具という勃起補助具があります。奇妙な補助具ですが、機能性ED、器質性EDのどちらにも効果があり、有効率80%、安全性90%といわれています。

 性行為の直前にペニスをプラスチックの筒に入れ、付属のポンプで空気を吸引して陰茎を勃起させます。その後、シリコンのゴムを陰茎根部に装着して、陰茎が勃起したまま血液を止めた状態にするのです。

 この方法は、一度機器を購入すれば、いつでも使用できる利点はありますが、装着に10分位はかかること、陰茎への血液を止めてしまうので30分以上の装着ができないこと、機器を使用するということで雰囲気を壊したり、不自然さがあるなどの欠点があり、あまり普及はしていません。

 現在、日本の厚生労働省が許可したものには、ペトコ、リテント、VCD式カンキの3商品がありますが、ペトコは製造元が撤退し、リテントは輸入代理店が倒産したため、VCD式カンキのみが入手可能です。価格は1~2万円くらいです。

注射療法      勃起障害の注射療法とは、陰茎海綿体内注射といって、海綿体を拡げて勃起させる医薬をペニスに直接注射する方法です。

 この治療法は確実な効果は期待できますが、注射による苦痛や、不快感、性交渉直前に注射しなくてはならないなどの使いにくさがあるため、バイアグラなどの治療薬の普及により、現在ではほとんど使用されることはなくなりました。

男性の勃起障害を表す言葉として、表題ではインポテンスという用語を用いていますが

男性の勃起障害を表す言葉として、表題ではインポテンスという用語を用いていますが現在では一般的ではありません。これは、1992年に開かれたNIH(アメリカ国立衛生研究所)によるコンセンサス会議で、Erectile Dysfunction(ED)という用語を使うように勧告がなされたからです。その理由は、前者の呼び方が病態を正確に表しておらず、軽侮的表現からでした。

 

imgpsh_fullsize-16

 

ここで注目してほしいことは、1992年にその呼び方が変わっていることです。男性の勃起障害については、長い間医学的に注目されることはありませんでした。そのような背景があり、勃起のメカニズムについても近年になって明らかになってきました。例えば、勃起のメカニズムにおいてNO(一酸化窒素)が重要な役割を持つことを明らかにした研究があります。

 

この研究はノーベル生理学賞を受賞しているのですが、これは1998年のことでした。現在では研究も進み、ED(勃起不全)といっても様々な原因があることがわかっています。確かにEDは生命に直接関わる疾患ではありません。しかしながら、多くの男性とそのパートナーとの「性生活の質」を低下させる可能性があります。原因と治療法について正しく理解し、EDは医学的に疾患であるということを認識する必要があります。今回はEDについて、その原因を説明していきます。

黒蟻王は激安通販で購入当店のホームページ

 

1)ED(勃起不全)の原因について

まず、EDの定義ですが、「満足な性交渉をするために十分な勃起を発現できない、あるいは(かつ)、維持できない状態」です。このため、性欲の低下や射精障害は含みません。
EDの原因には大きく分けて器質性と心因性があります。また多くの場合、この両者が混在する混合性という場合もあります。
国際学会ISIR(世界インポテンス学会)の分類では、以下のようになっています。

 

器質性(Organic)
1.血管系(Vasculogenic)
A.動脈系(Arteriogenic)
B.海綿体(Cavernosal)
C.混合性(Mixed)
2.神経系(Neurogenic)
3.解剖学的・構造的(Anatomic)
4.内分泌系(Endocrinologic)

 

威哥王は激安通販で購入当店のホームページ

心因性(Psychogenic)
1.一般的要因(Generalized Type)
2.環境的要因(Situational Type)

 

原著では、括弧の中に追記してある英語で書かれています。
器質性では、主に身体的な機能が原因でEDになります。大きく分けて、血管系、神経系、構造的、内分泌系の疾患の4つの要因があるようです。構造的というのは、外傷などのことを言うようです。また、外傷のほかにも、他の疾患で手術を受けた際にその傷が原因でEDになることもあるようです。

心因性には、一般的要因と環境的要因の2つがあります。
一般的要因は、性的興奮の加齢による減退などが含まれます。一方、環境的要因はパートナーとの関係、不安や緊張によるEDなどが含まれています。

 

2)ED(勃起不全)の危険因子について

 

加齢
加齢は、EDになることの一つの原因でもあるようです。しかしながら、EDが単純に加齢現象であるということではありません。加齢に伴って他の原因が増加するため、EDがとともに増加しているように見えるようです。

%e7%9f%b3%e6%a9%8b1                   図 1 NMSAと日本のデータ

上の図1の一方のデータは、MMAS(マサチューセッツ男性加齢研究会)によって調査されたものです。1987年から1989年にマサチューセッツ州で、40歳から70歳の男性1290人を対象に調査されました。そしてもう一方は、そして、もう一方はMMASと同じ質問用紙を用いた研究が日本で行われた際のデータです。調査方法としては、日本全国100地点での住民基本台帳からランダムに2000サンプルを抽出、質問用紙を郵送し訪問回収したということです。日本のデータもMMASのものに類似しており、高齢になるにつれてEDの患者の割合が多くなっています。

 

(慢性疾患)
糖尿病
糖尿病患者の28~59%がEDを起こすと報告されています。一般的にもっともよく知られている、EDを併発する代表的な疾患です。重症になればなるほど、高齢になればなるほど、EDを併発するようです。発生機序としては、神経障害と血管および海綿体の内皮障害に基づくとされています。

 

(心疾患)
31歳~86歳の心筋梗塞に罹患した男性の64%、冠動脈のバイパス手術を受けた患者のうち57%がEDであるというデータがあります。発生機序としては、血管の障害が陰茎にも及んでいること、薬剤の関与や、性交時に心疾患を再発するのではないかという心因性の問題もあります。

 

図2は、特に循環領域の患者においてEDが起こるメカニズムを示しています。疾病、薬剤、不安どれもEDを起こす可能性はあります。各々の要因が重なれば重なるほど、EDは起こりやすくなります。図3は、札幌医科大学によって調査された循環器疾患患者の勃起機能得点を表したものです。50%の曲線が正常男性の平均の得点になります。例えば、25歳あたりでは8点くらい、85歳あたりでは2点くらいになっています。そのほかに、90%、75%、25%、10%の勃起機能を表す曲線が引かれています。数値が高い方が、勃起機能は保たれています。見てわかるように、60歳を超えたあたりから循環機能に疾患がある場合、平均より低下していくことが分かります。